(#080)短縮したぜ!

俺は乗らないライダー!
No Run ! Night-Rider!
バイクは乗るものって誰が決めたんだい?
短縮したぜ! そこそこね。ふ。

fuchu.jpg


先日、150日の免停期間を短縮する為の講習を2日間、みっちり受けてきたぜ!
ここで短縮しなければいったいなんなんだ!ってぐらい人生が狂うので、
しっかり早起きしてすませてきたぜ。無事、「優良判定」を貰って(当たり前)、
70/150が短縮になったぜ。
つまり、80日の免停期間になったというワケです。
そして、12月6日に免許返還予定日となったぜ!
えっと。でも、6日は土曜日だから、試験場は土日祝日休みなので受け取れず。
となると5日ならいいよ、ということなので、5日にとりにいこうかと思いきや、
仕事で山梨なので一日行けず。そうなると12/8(月)まで行けないということに。
講習は何度も受けているものなので(てへぺろ!)、勝手知ったる授業のこなし方だったけど(大体、去年も受けている)、ためしに運転してみるヤツでは、一人でやたら褒められたりしていた。(なんでそんなに運転がうまいのに?)と今すぐにでも言われそうだった。
目視もするし、カーブ前に幅寄せもするし、踏切で一時停止もするし窓も開ける。
一緒に車に乗ったのは、アメ車大好きな若者男性と、ショーパン生足の十代の女子だった。女子は大阪まで車(アクア)で出かけ、そこから帰り道に東名高速で2度スピード違反で捕まって一気に長期免停を食らったそうです。なんだかなぁ。慌てて帰ってこようとしたのでしょうかね。
適性検査でもまたまた「バランス型」で「運転に向いている性格です」と判断。なんだかなぁ。
免停講習を何度も受けているとその違いをつぶさに見ている事にもなる。
若い時は、講義で見る映画(あがないの日々とかいうやつ)事故のシーンでスタントマンとかが出ていると、それが友達だったりして、あ、仕事してんな、なんて思ってたけど、その後、少しずつ変化を来し、事故の怖さよりも、それにより「生活がぶっ壊れていく様」をねちねちと描く(でもとても怖い)作品になっていった。そして、最近は「携帯電話をいじっていて」事故になるケースをしっかり学び、映像は「飲酒運転で人生を破滅させる幸せな家族」の物語。ちなみにこれの夫は「ふっくん」でした。離婚したばかりなのに?なんて見方をしちゃう。すげー怖かった。飲んで運転して帰る。軽い気持ち。そこで事故を起こす。人をはねてしまう。集中治療室で治療をするも数日後に死ぬ。飲んでいるのを知っているのに駅まで送って貰った知人は公務員だった為か市役所をクビになる。その二人が飲んだ居酒屋の店主も店を閉める羽目になる。この三人全員が奥さんに愛想を尽かされて放り出されてしまう。社会的制裁がこっぴどくのしかかる。ああ、怖い。俺は絶対に飲んだら乗らない自信があるけど(てか、今までもそうだけど)、それでも怖い。ひとごとじゃない。飲んでいるのを知っていたら乗せちゃ駄目。同乗しなくても罪になる。ホントに厳しくなったようだ。とてもいいことだけどね。
それにしても、お年寄りが多くなった。大事故が多いんだろうなぁ。桜田門で泣きむせびながら詫びる人とかいたけど。
お年寄りの人が講義で教官に尋ねられていた。
「停まっているバスの脇を通る時、安全なる側方間隔はどのぐらいですか?」
お年寄りは答えた。
「一時停止!」
んも-。何がなんだか。いみわかんねーし。
まぁ、本当に色々な人がいるね。俺の隣の(一緒に運転したアメ車好きの)若者男子は授業中に教科書をちぎって千羽鶴折ってたし。なぜだ! 被害者を悼む?!どういうこと?サボり過ぎだしょ。
俺は、初日は「今日は他の仕事はすまい!」と思って体を疲れさせる為に、府中試験場から「府中本町駅」まで歩いて帰ったよ。そこから武蔵野線で新秋津へ出て池袋線に乗り換え。これ結構便利だった。
行って気づくのは、長期免停の所謂長期講習ってヤツの講師は「厳しい」。ちゃんとしてる。軍隊みたいだ。中期講習を受けた去年は、帽子をとりなさい、サングラスをとりなさい、はあったけど、長期になると「深い腕組み禁止」というのが増えてる。他にもなんかあったなぁ。あー、やっぱり、厳しくなっているんだなぁ、と実感したよ。先生も怖いしちゃんとしてる。飽きさせないようになってる。喋りの勉強にもなる。こんなネガティブな受講生相手にここまで丁寧に教えてくれる講師に正直感謝だぜ。
「ハンドルキーパー運動」を推奨しているという話も興味深かった。
口で言いながら確認すれば、ミスが極端に減る為に行っている「コメンタリー・ドライビング」も素晴らしい。助手席に夫が乗っていても信号で止まっている状態から「歩行者よし、信号よし、右折車なし、よし発進」と口で言いながら運転をする。そうすれば、夫も話しかけない。運転以外の事に注意がいかない=ミスをしない=事故を起こさない。
素晴らしい。コメンタリー・ドライビング。
この女性の講師の言葉が重い。
「こういう仕事をしてるでしょ。正直、車に乗るのは怖いですし、嫌です。大嫌いです。だって事故でも起こした日には、少なくともこの仕事はクビになります。それでも父親の介護の為に車は出さねばなりません。急いで移動する時もあります。車に乗るのは嫌で嫌で仕方ありません」
楽しめない人もいる。それは大変だなぁ。この先生は本当にトークが上手かった。トークというより、受講生のハートを掴むのがお上手でした。どこにも名士はいるんですな。
俺は乗らないライダー!
No Run ! Night-Rider!
短縮されたぜ! これ以上伸びる事はないぜ!
あとは時がたつのを待つばかりだぜ!ライダー!

「(#080)短縮したぜ!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。